独立までにやっておきたい9分類49のこと

最終更新日

独立までに何をやればいいか、ぼんやりとは分かっていてもいざ具体的に動こうとすると困ることもあるかもしれません。この投稿では、わたし自身が独立時にやってきたことと反省をまとめてみました。

お世話になった人への挨拶回り

給料があるうちに贈り物(自分は母親にダイヤモンドを)
独立する旨を伝えておく(助けてくれるかも)

会社の辞め方

退社理由を考える
退社理由をまとめる
ポジティブな退社理由を決める
退職1ヶ月前に届け出
面談などで自分の気持ちを伝える
お世話になった方への挨拶回り
データや書類の整理
辞める前に残すものの準備
デスク周りの清掃
辞める日の演出考える

時間について考える

やることをピックアップ
それぞれに期間と締め切りを設ける(開業届までの手間や、保険の切り替えなどのタスクも忘れずに)
毎日の稼働時間を決める

お金について考える

毎月の支出を計算する
定額支出を見直す
経理入力フローを考える(レシートの処理方法とかも)
簿記ソフトの使い方覚える
辞めた後に必要な税金の金額を調べる
何ヶ月持つか計算する
見切りをつける期日までに必要な金額を準備する
厚生年金保険→国民年金保険への切り替えについて調べる

発信メディアを準備する

なんとなくでやっていたメディアがあれば、目的を再整理する。作り直すのもあり
想定ターゲットに向けて発信をしていってみる
時間のあるうちに、どういう人にフォローされ、どういう反応があるかなどの分析を行う
独立後の定量的目標を決める(1年後にフォロワー○○人とか)
独立告知準備(独立タイミングでブーストをかけられる)

顧客について考える

想定顧客のモチベーションフローを書き出しておく(何でリーチし、何で決定され、どこに満足し何でリピートするかなど)
ターゲットを決めておく
ターゲットに向けて提案書を作っておくでもよし

事業内容を決める

自分の強みを書き出す
やらないことを決める
アントレを読み漁る
自分の弱みを診断(アントレ)
サービスの値段を決める(仕事1案件あたりの想定工数を書き出し値段を設定する)
独立後の1年のロードマップを作る
リスクを思いつく限り書き出す
リスクの解決策を考えておく
事務所備品揃える(電卓・書類整理環境・プリンタ・簡易スタジオetc)
事業内容を発表する場所に慣れる(交流会など)

スキルについて考える

やると決めた事業内容を完遂できるスキルがあるかの確認
不足分は勉強しておく or 頼れる人を探しておく

交流について考える

独立後に勉強にしたい先輩に会っておく
屋号の商標登録について弁理士に相談(友達になっておく)
中小企業診断士に事業計画について相談(友達になっておく)
弁護士と友達になっておく
先輩フリーランスに状況を聞く
必要に応じて経営者交流会に入会する

etomoji